髪のパサつきケア方法

アトール 株式会社

052-961-9600

〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-3-8ヴェッセル丸杉2F

平日 11:00~21:00 土日祝 10:00~20:00

ATOLL BLOG

髪のパサつきケア方法

ATOLL BLOG

2017/12/18 髪のパサつきケア方法

 

◆髪の毛のパサつきのケア

髪の毛のパサつきのケアの筆頭と言えば、トリートメントかと思います。
トリートメントには、「洗い流すトリートメント」と「洗い流さないトリートメント」が
あります。 前者は、シャンプーとリンス(orコンディショナー)のあいだに使用します。

メーカーやブランドにもよりますが、シャンプー後の水気を切った髪につけたのち、数分から数十分置き、洗い流します。シャンプーやリンス(orコンディショナー)とセットになって販売しているのもめずらしくありません。チューブタイプや広口のジャーに入っているタイプが一般的です。

後者は、タオルドライした半乾きの髪か乾いた状態の髪に使用し、つけたあとに洗い流す必要がありません。『アフターバストリートメント』とも呼ばれています。チューブタイプや広口ジャータイプの他、スプレータイプ、そして、乳液状・クリーム状・ジェル状・オイル状と、多くの種類があります。

タイプは多々あれど、どちらも、名前の通りの使用方法ですね。 
髪の毛のパサつきのケアについて語る上ではずせないのが、髪の毛のパサつきの原因です。
髪の毛がパサつくということは髪の毛が傷んでいるということです。

「キューティクル」ってよくきく、魚のウロコのような形をしている髪の表面の組織で、髪を保護しています。髪の毛はこのキューティクルによって水分を保ち、光沢と柔軟性を持つことが出来ています。

キューティクルの最大のポイントは、一度壊れると二度と再生出来ない点でしょう。

髪の毛は「“機能していない”組織」です。
正しくは、“細胞が角質化したもの”なのですが…言葉は悪いものの、「“機能していない”組織」は的を射た表現です。髪の毛を切っても痛くないのは、“機能していない”からなんですね。

髪の毛が“機能していない”のと同様にキューティクルも“機能していない”ため、開いた状態ならまだしも、はがれてしまうと、再生が効かないのです。

キューティクルははがれると再生出来ませんが、はがれる前なら、ある程度は補修が可能です。キューティクルは壊れやすいわけで、つまり、髪の毛は意外にデリケート。
以下は、髪の毛を傷める原因と対策になります。髪の毛のパサつきのケアの参考にして
ください。

●髪の毛を傷める原因と対策
紫外線:髪も日焼けをします。髪を乾燥させ、髪のキューティクルを開かせることになり
、最終的にはキューティクルがはがれてしまいます。 →帽子や日傘で紫外線を防ぎまし
ょう。髪の毛用の日焼け止めもあります。

●カラーリング
化学薬品を使うので、過度なカラーリングはキューティクルをはがしてしまいます。→短期間に何度もカラーリングをするのは避けましょう。自分でカラーリングする際は、放置時間をきちんと守ってください。髪色を明るくするために放置時間を勝手に長くすると、髪を傷めます。

●ブラッシング
シャンプー前の軽いブラッシングはシャンプーの手助けをしてくれますが、絡まった髪の毛を無理にほどくようなブラッシングは、髪を傷めるだけです。枝毛や切れ毛の原因にもなります。 →原則として、髪の毛が絡まった場合は無理にほどかないこと。
部分的に切ることもやむをえないでしょう。プラスティック製のブラシよりも豚毛など動物の毛を使ったブラシのほうが髪の毛に優しいです。

●タオルドライ

タオルでゴシゴシとこするのは、正しいタオルドライとは言いません。
開いているキューティクルを傷めつける行為にほかなりません。 →髪の毛をタオルで挟み、手で押さえる。これを何度か繰り返し、ドライヤーで乾かすのがベターです。
以上のことから、髪の毛を傷める原因は数多くあるとおわかりいただけたことと思います。しかしながら、同時に、対策もあるわけで、手を抜くことなく妥協することなく対策を講じていけば、間に合うはず。キューティクルがはがれ落ちてからでは、手遅れになってしまいます。洗い流すトリートメントや洗い流さないトリートメントを使い、補修が効くうちに、髪の毛のパサつきをケアするように心掛けてください。

頭皮コンディションを整えるシャンプーで年齢に負けない美しい髪を美髪へ生まれ変わる!

髪と頭皮のダブルで効果があり、刺激の少ない理想の天然成分が女性が本来持つ健康なヘアサイクルを取り戻してくれ、気になる髪の悩みを解消するのを実感できるはずです!!

 

 

img_20171122_195044_097

 

 

アトール 株式会社

電話番号 052-961-9600
住所 〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-3-8ヴェッセル丸杉2F
営業時間 平日 11:00~21:00 土日祝 10:00~20:00

TOP